総合格闘技 空手道 禅道会 横浜支部月刊フルコンタクトKARATE2012年8月号

禅道護身術 連載 第8回

前回は、一人もしくは多人数の相手が近づいてきて危害を加えられそうになった時の対処方法を紹介した。
今回は、禅道会の理論であるイン・アウトの技術を応用した護身術を紹介する。
このイン・アウトの技術の理論は、常に相手の正面に自分はいないが、自分の正面には相手の体がある状態を言う。

格闘技では、上級者になると相手がパンチを打つ瞬間に相手のパンチがどこまで届くかという距離が感覚で分かる。
相手の攻撃限界距離が分かっていて、その距離の中に入らなければ、100%相手の打撃をもらうことはない。
しかし技によって攻撃限界距離が違うので、うまく技を使い分けることで相手をダウンに追い込む。

また戦いの中では、錯覚を利用することにより相手が気づかないうちに攻撃限界距離の内側に入り攻撃を加えたり、攻撃限界距離の中で相手に錯覚や誤作動を起こさせて倒すということをすべての格闘家は行っている。

今回は相手の攻撃限界距離に対して、イン・アウトの技術で距離と方向をずらしてこちらが反撃を行う技を紹介する。

相手が正面から跳び蹴りを行ってきた時の対処方法

相手が正面から跳び蹴りを行ってきた時の対処方法

相手が金的蹴りを行ってきた時の対処方法

相手が金的蹴りを行ってきた時の対処方法

相手が首を掴んで攻撃してこようとしてきた時の対処方法

相手が首を掴んで攻撃してこようとしてきた時の対処方法

護身術で勝つのは下の下なり

護身術は、相手を倒してこそ護身になる。「次にやり返してやる」などという気持ちを相手に起こさせてはならない。また、シンプルに倒す技なら良いが、マウントパンチを連打して相手を悲惨な状態に追い込むのも良くない。
相手に復讐心を持たれたら護身術としては成功とはいえないのである。

孫子の兵法では、戦わずして勝つのが最上の勝ち方と言う。戦って勝つのは下の下だとも言う。
護身術で勝つのは下の下の勝ち方と言うことを認識した方が良い。
戦わずにすめば、それに越したことはないのである。

私たちは常に自分自身をコントロールして、体も心も隙を作らないようにするために、武道を鍛錬する。
是非、この連載を自身の護身に役立てていってもらえばと思う。

相手が首を掴んで攻撃してこようとしてきた時
相手の力が強くてサイドに回れなかった時の対処方法

相手が首を掴んで攻撃してこようとしてきた時 相手の力が強くてサイドに回れなかった時の対処方法

空手道禅道会 横浜支部の紹介・大畑支部長プロフィール

※雑誌についての詳細は、株式会社福昌堂編集部にお問合せください。電話番号03-3309-0954

QR
武道と生きる
メルマガ配信中!

道場生募集-入会案内

ページトップに戻る