総合格闘技 空手道 禅道会 横浜支部月刊フルコンタクトKARATE2012年9月号

禅道護身術 連載 第9回

前回は、一人もしくは多人数の相手が近づいてきて危害を加えられそうになった時の対処方法を紹介した。
今回は、回し受けを利用しての護身術を紹介する。

空手道禅道会では、回し受けは一番重要なポジションにある。
回し受けで大事なことは、体幹から指の先端まで気を入れることである。遠心力、加速度運動でエネルギーを発生させ、手に重みを伝えることにより相手の攻撃を防御する。

また回し受けは、鍛錬方法としても優れている。
丹田で発生したエネルギーを遠心力と円運動で先端まで伝える。その時に指から伝わる感覚を磨く鍛錬方法である。指は外部の情報を感じやすい部分なので、様子を探るアンテナとして適している。
この部分で相手の動きや心を察知できれば、より確実に相手の攻撃を防御できる。

回し受けのやり方

回し受けのやり方

格闘技におけるジャブのかわし方

格闘技におけるジャブのかわし方

相手が首相撲を取りにきた時の対処方法

相手が首相撲を取りにきた時の対処方法

相手が空手などをやっていて上段廻し蹴りを蹴ってきた時の護身術

相手が空手などをやっていて上段廻し蹴りを蹴ってきた時の護身術

相手が空手などをやっていて下段廻し蹴りを蹴ってきた時の護身術

相手が空手などをやっていて下段廻し蹴りを蹴ってきた時の護身術

相手が壁を使い防御しようとしてきた時の護身術

相手が壁を使い防御しようとしてきた時の護身術

まとめ

戦国大名の武田信玄は言った。
「戦は勝ちすぎてはいけない。六割勝てば良いのだ」と。

まさにその通りで、相手が根に持つような勝ち方はしてはいけない。また、自分がうぬぼれてしまう勝ち方もいけない。
だから私たちは常に自分自身をコントロールするために、武道を鍛錬するのである。

空手道禅道会 横浜支部の紹介・大畑支部長プロフィール

※雑誌についての詳細は、株式会社福昌堂編集部にお問合せください。電話番号03-3309-0954

QR
武道と生きる
メルマガ配信中!

道場生募集-入会案内

ページトップに戻る