総合格闘技 空手道 禅道会 横浜支部月刊フルコンタクトKARATE2013年7月号

禅道護身術 連載 第19回

前回は、酔っ払いの人が絡んできた時の制圧方法を紹介した。
今回紹介する護身術は、前回に引き続き、酔っ払いの人が絡んできた時の制圧方法を紹介する。

前号でも紹介したとおり、酔っ払いの人が攻撃してくる時に大事なのは、相手は強い打撃を打ってくるわけではないということである。
相手がこちらを倒す戦闘力がないのにこちらが強い打撃で応戦したら、過剰防衛になってしまう可能性が高い。
かといって、酔っ払いに弱い打撃は効きにくい。
酔っ払いに対する確実な制圧方法を身に付ける必要がある。

酔っ払いが正面から胸倉を突き飛ばしてきた時の対処方法

正対している状態から、相手が自分の胸倉を突き飛ばしてきた(写真A1~2)

一歩引きながら、左手で相手の腕を持ち、右腕で相手の手を抱える(写真A3~4)

そのまま下の方向に体重を掛けて、相手を床に倒す(写真A5~6)

相手をうつ伏せ状態で制圧して、楽な姿勢で取り押さえる(写真A7~8)

酔っ払いが正面から押してきた時の対処方法

相手と向かい合っている状態で、相手が前から押してきた(写真B1~2)

片足を引いて、相手の首を自分の腕でロックする(写真B3~5)

自分の体を更に一歩引いて半身になりながら、相手を倒す(写真B6)

相手の顔を下に向けて腕を後ろに回し、楽な姿勢で取り押さえる(写真B7~9)

酔っ払いが抱きついてきた時の対処方法

向かい合っている時に、相手が正面から抱きついてきた(写真C1~3)

相手の首を両手でロックして、片足を一歩引いて半身になる(写真C4)

首を手で押しながら、相手を倒す(写真C5~7)

相手の腕を後ろに回して顔を下に向け、楽な姿勢で取り押さえる(写真C8~9)

お酒を飲んでいたら横の人が絡んできた時の対処方法

お酒を飲んでいる時に、テーブルの横の人が絡んできて、胸倉を掴んできた(写真D1~2)

左手を相手の胸倉を掴んでいる腕の肘の辺りに差して、そのまま自分の服を掴む(写真D3~4)

右腕で相手の首元を掴んで、後ろに倒す(写真D5~8)

相手の顔を下に向けて腕を後ろに回し、楽な姿勢で取り押さえる(写真D9)

 

今回紹介した技も、少し空手の組み技が必要なものを紹介した。

護身術を使用する状況は試合と違い、いきなりやってくる。
普段から常に練習の中で、相手が自分の間合いに入ってきた時は攻めてくることを想定して、頭の中で制圧するイメージトレーニングが必要である。

 

空手道禅道会 横浜支部の紹介・大畑支部長プロフィール

※雑誌についての詳細は、株式会社福昌堂編集部にお問合せください。電話番号03-3309-0954

QR
武道と生きる
メルマガ配信中!

道場生募集-入会案内

ページトップに戻る