入会のご案内
動画

動画

月刊フルコンタクトKARATE連載技術 月刊フルコンタクトKARATE連載技術 本編第66回 基本的な総合での膝蹴り

みんな分かってはいるとは思うのですが、つい力を入れたいがためにガードを下げたり、腰を突き出した力で打とうとすることが多いと思います。しかし実戦で考えると、このような膝を打って威力があったとしても、タックルとかを合わせられたりすれば、そのまま体が反ってしまって簡単にこけます。さらに顔を殴られてしまっては、届いた場合に倒れてしまう。

まず基本として手を前に出します。相手のパンチが来ますが、顎を引いていればそんなに当たることはありません。相手の肩をしっかり押して止めるイメージで、手を前に出します。そこで腰を突き出し膝蹴りを行うのですが、軸を後ろではなく、真っすぐ前に突き出すようにします。

これは組めるように、膝を打った後に踏み出してそのまま首相撲に持っていけるようなイメージです。

体が反ったような膝蹴りを打ってしまうと、打ったあとに組むことができない。総合格闘技の流れとして、打ったらそのまま組めるように前に行きます。

«  前の記事へ

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから tel:0265249688 お問い合わせ