入会のご案内
トピックス

トピックス

梁山泊空手道連合・総帥 富樫宜弘の空手人生・1


カテゴリ: 格闘技の話, 梁山泊空手 富樫宜弘 タグ:
空手の自主稽古を経て、キックボクサーを目指そうとしたものの… 今回、紹介するのは眞日本武道空手道連盟・梁山泊空手道連合の富樫宜弘総帥(以下、敬称略)である。武道、特に空手に関心を抱いていた富樫は中学時代から空手関連の本を買っては、読んでいたと言う。道場に通いたかったのだが、「田舎(山形県飽海郡八幡町)なので、空手の道場がなかったんです」-そう語る富樫の兄(富樫宜資 現・日本空手道無門

空手道 禅道会 小沢 隆 代表が現代社会の問題を考察する.2


カテゴリ: 社会問題 タグ:
今回の小沢代表の話は「脳が身体に及ぼす影響」について。 痛みの体験が大脳に強い体験として残っているとどうなるか 腕や足が切れた人はないはずの腕や足が猛烈に痛むという話は聞いたことがあるのではないだろうか。そして、この治療法をつくったインドの脳神経科学者・ラマチャンドランが「脳のなかの幽霊」という本を書いている。切れた腕や足がないはずなのに、現実にあるかのように痛

武道とは何か


カテゴリ: 格闘技の話
それは奥深い自己探求の道だと個人的に思う 今回のテーマについて書くのは、自分にとって、かなり大きな内容になる。だから、書くことは控えていたのだが、どうしても書きたくなったので自分なりの解釈を綴ることにする。 先月、トピックス記事でも紹介させていただいた大誠館主宰の宮崎さんと食事をする機会があった。そこでこの話が出たのである。 「武道って、自分たちにとってなんだろう」と。 いろい

空手家・川合 昭仁の武道人生


カテゴリ: 川合昭仁, 格闘技の話 タグ:
毎日、サッカー漬けの中学三年間 今回、紹介するのは空手家・川合昭仁(敬称略)。空手を始めたきっかけは、喧嘩に強くなりたいという気持ちが根底にあったそうだ。中学時代はサッカー部に所属し、非常に厳しい先生だったと言う。本当は野球をやりたかったのだが、担任の先生がサッカー部の顧問だったのである。中学入学時から先輩から「サッカー部は厳しい」と聞いていたので、部活の希望書に書かなかったのだが、提出

格闘技・武道の指導体系について


カテゴリ: 格闘技の話
格闘技・武道を始めるきっかけは誰もが同じだと思う 前にも書いたが、自分は長年にわたって、打撃格闘技をやってきた。正確に言うと、現役でやっていたのは六年程度(その前に伝統派の空手を三年間やっていた)だから、以降は後輩の指導に当たっていたのである。つまり、選手より、指導する側の年月の方がはるかに長かったのだ。 空手時代とキックボクシングの現役時代はとにもかくにも、強くなることだけが目標

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから tel:0265249688 お問い合わせ