入会のご案内
トピックス

トピックス

投稿一覧

空手道 禅道会 小沢 隆 代表の武道人生⑫(最終回)


カテゴリ: 格闘技の話, 禅道会 小沢隆 タグ:
呼吸法と姿勢、それをベースとした基本稽古や移動稽古で技の精度を高めていく禅道会の稽古方法。それが「いざ!」という、実際の護身の場面でどう、活かされるかを小沢の体験談を聞いてみた。 海外で遭遇した実際の体験談 「海外での体験ですが、物売りがきていて、いきなり拳銃を抜かれたことがありました。他にはバーで拳銃を向けられたことも二回あります。その時は瞬時に考え、襲撃してきた相手

空手道 禅道会 小沢 隆 代表の武道人生⑪


カテゴリ: 格闘技の話, 禅道会 小沢隆 タグ:
空手の稽古法・競技体系が模索される中で 禅道会が設立したのは、1999年。一世を風靡したフルコンタクト空手のブームは過ぎ去り、それぞれに分裂していった時代であった。ある組織はスーパー―セーフ着用で顔面有り、ある組織は捌きに特化した稽古体系を築き上げていた。フルコンタクト空手そのものの大筋が細分化していった時代だったのである。当然のことながら、一つの空手組織・道場への入門者も選択肢が広くなる。

空手道 禅道会 小沢 隆 代表の武道人生⑩


カテゴリ: 格闘技の話, 禅道会 小沢隆 タグ:
閃くかのごとく湧いた思いが禅道会設立のきっかけになった。 小沢の心に閃くかのように湧き出たその思い、それが現在の禅道会を作る最大のきっかけとなったのである。この話を聞いた時、以前、小沢と居酒屋で飲んでいた時の話を思い出した。 「マインドフルネスという言葉が最近、定着するようになってきました。それは『心を今、ここに集中させて、マインドワンダリングによる雑念を手放す』という手法ですが、実際のと

空手道 禅道会 小沢 隆 代表の武道人生⑨


カテゴリ: 格闘技の話, 禅道会 小沢隆 タグ:
空手の稽古に苦痛まで感じていた小沢。それでも足を“交互に出していれば、時間が解決しくれる”と自分に言い聞かせながら、毎日のランニングを欠かさなかった。現在の小沢からは考えられない話だが、そこまでの思いになっていたのである。 「それは子ども時代の『学校に行かなければならない』という苦痛に似たようなものでした。自分は学校給食が嫌でしてね、嫌いなものが多かったんです。当時は残さずに食べなければな

空手道 禅道会 小沢 隆 代表の武道人生⑧


カテゴリ: 格闘技の話, 禅道会 小沢隆 タグ:
前回の記事に書いたように、長野支部は門下生の定着、大会での輝かしい実績により、その団体では最大の支部になった。しかし、小沢の武道に対する疑問は消えることはなかった。細かい技術的な気づきはいろいろあり、門下異性の数も増え、レベルも高くなった。 もともとの小沢の指導はその空手団体の大会で勝利するより、総合の練習に近い稽古をしていた。それはアルティメット大会のグレイシー柔術が来る前からだったが、

空手道 禅道会 小沢 隆 代表の武道人生⑦


カテゴリ: 格闘技の話, 禅道会 小沢隆 タグ:
小沢が支部長として務めていた長野支部。退会者の少ない理由の一つとして、門下生への細やかな気配りもあったが、それだけではない。技術指導においても、抽象的な励ましではなく、技に関する細かい認知、技の意味づけをこと細かく理論的に伝えていくことで、門下生たちは「この技はこう使えばいいいんだ!」という認識を深めることができたのだ。当然ながら、それは各人の技術的な向上につながる。同時に自信にもつな

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから tel:0265249688 お問い合わせ