入会のご案内
トピックス

トピックス

投稿一覧

自分の弱い心をどう制御するか…それが目標 高萩英樹さん6


カテゴリ: 格闘技の話, 高萩英樹 タグ:
合気道の達人・塩田剛三師が弟子に語った名言 高萩は続けて語った。 「それから、どんなに肉体的に強くても、武術に優れていても、武器の前にはほとんど破られます。例えば、私にナイフを持たせたら、強いですよ(注:高萩は戦いにおけるナイフテクニックも熱心に鍛練している)。しかし、武器を持った相手ですら、殺意を持った相手ですら、『これ以上はできない…この男は素晴らしく、そして生きる価値があ

高萩が体験した不思議な境地(アイキモード)高萩英樹さん5


カテゴリ: 格闘技の話, 高萩英樹 タグ:
高萩が体験した不思議な境地(アイキモード)その続き 相手は体軸を大きく崩し、潰され、投げられてしまう。その静かで不思議な時間は、高萩が「我」を意識するまで続いた。 「我」を意識してしまうと、今までどの様な攻撃が襲ってきていても前に出る事ができていたのだが、その瞬間(自意識を持ち出した途端)に後退してしまう。目先の攻撃が怖くて目が離せなくなるのだ。その時の様子を彼はこう語ってくれた。

空手家・炭粉さんとの組手で高萩が観た境地 高萩英樹さん4


カテゴリ: 格闘技の話, 高萩英樹 タグ:
空手家・炭粉さんとの組手で高萩が観た境地とは… その時の様子を高萩はこう語った。 「炭粉さんと対峙したその瞬間でした。炭粉さんは鍛え上げた屈強な両腕で十字を切って猫足立ちに構えました。『よしっ!本気でかかって来い!』いきなりのシチュエーションであった。私はパニックに陥ってしまいました。炭粉さんの前羽の構えに氣が込められ、緊張が辺りを覆い尽くした。反射的に私は右半身に構えました。

「アイキモード」と呼ぶ「無念無想の境地」 高萩英樹さん3


カテゴリ: 格闘技の話, 高萩英樹 タグ:
合気にかからない、感じないのに悩まされた 一度は合気を体感できたものの、それ以降は一切、誰の合気技にもかからなかったと言う高萩。これには苦悩したと言う。基本中の基本である「結び」すら、実感がないと言うのである。 「これでは合気習得など永遠の夢ではないかと時折絶望が顔を覗かせました。しかし、合気をこの身で体験したい。身を持って味わいたいとの悲痛な祈りは、多くの予定調和を持ってここに実現し

自分と共に目指した合気の道 高萩英樹さん2


カテゴリ: 格闘技の話, 高萩英樹 タグ:
ひたすら、真の武道を目指す高萩。そんな彼に悲劇が… 「強さ」を追い求めていた高萩の武道人生。しかし、やはり誰もが同じ道を通るように、彼も年齢とともにパワー、スピードの衰えを感じざるを得なかった。 そんな高萩をさらに悲劇が襲う。顔面麻痺、味覚障害、寝ているだけでも目眩がする。その症状は次第に酷くなり、医師の診断を仰いだ。その結果は、ラムゼンハントシンドロームという難病であった。当時の彼は

武道空手と実践的な護身の術を目指す


カテゴリ: 格闘技の話, 高萩英樹 タグ:
自分の弱さを克服するためにフルコンタクト空手の道場に入門する 自分の武道仲間に高萩英樹さん(以降、敬称略)という人がいる。彼とは自分が学んでいた氣空術で知り合った。氣空術は合気系柔術であり、始めた当初は自分以外に本格的に打撃系格闘技なり、武道をやってきた人間はきわめて少なかっただけに、高萩とは初めて電話して以来、いろいろな意味で意気投合して、互いに「拳友」と言い合うような仲になった。

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから tel:0265249688 お問い合わせ