入会のご案内
トピックス

トピックス

キックボクシング①


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
キックの洗礼を受けた初めてのスパー 今回からの話題は自分が30年以上にわたって関わってきたキックボクシング。 それを始めたのは、以前も書いたとおり、寸止めの伝統派閥の空手に飽き足りず、より実践的な格闘技を学びたいという気持ちからだった。しかし、当時の自分は茶帯で初段審査を目前にしていた。共に練習に励む稽古仲間もいたし、空手そのものに夢中になっていたのである。道場では「当てるの厳禁」

ボクシングについて④


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
観客を戦慄させるような強打者の魅力 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥選手、強いなぁとつくづく思う。最近はボクシングの世界戦もあまり観ていないし、「あの試合は良かった」、「この選手は強い」と人から聞いても、さほど興味はないのだけれど、彼だけは別格だ。まさに、モンスターの呼び名通りのボクシング界におけるスーパースターだと思う。 先日の横浜アリーナで行われた「ワールド・ボクシング・スー

ボクシングについて③


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
自分がボクシングに青春の一時期を捧げたのは、広島にいた八年間である。ファイターを育成する、あのジムで毎日のようにスパーで殴り合い。よくぞ、あんなことがやっていられたものだと改めて思う。そして、実は今もボクシングのトレーナーをやっているのである。 ここは一般会員が「楽しむためのボクシング」をやっているジムだが、全日本、インターハイで活躍する選手もいる。でもって、こういう選手たちと「ちょっと

ボクシングについて②


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
前回の続き…。 「べた足」の状態から常に後ろ足の踵を上げて、フットワークを使ったディフェンスを学んだ自分は今までのスタイルから、大きく変わった。がしかし、ボクシングを学ぶ中で、もっと身につけたいものがあったのだ。それはパンチ力。自慢するわけではないが、スピードも切れもあった。コンマ何秒のうちに数発の連打を繰り出すこともできた。それでも「もっと…」という欲求があったのである。重くて、強いパ

ボクシングについて①


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
打撃技の一つとして、真っ先に思い浮かべられるのはパンチだと思う。そのパンチテクニックで最も優れているのはボクシングだ。これは自分の経験から実感するのだが、オフェンスでもディフェンスにおいても、「パンチの打ち合い」において、あれだけ特化された格闘技は他に類はないと思う。 伝統派の空手からキックボクシングに転向した時、初のスパーでこてんぱんにやられたことは以前にも書いたが、キックを続けていく

合気・最終章


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
連載してきた「合気」だが、それが実際の攻防に使えるかどうかは、自分の中でそれなりの結論が出ている。合気ができることと、強いこととは次元の違う話なのだ。では、合気が役に立たないかというと、決してそうではない。攻防の要所要所に使える身体操作はいくらでもあるのだ。つまり、合気を自分たちのやっている武道や格闘技の中の一つのツールにすればいいのだ。これは前にも書いたと思うが、実際に格闘技のトップクラ

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから tel:0265249688 お問い合わせ