入会のご案内
トピックス

トピックス

4月7日 第54期RF武道空手道関東地区大会


カテゴリ: 行事・審査・大会のお知らせ タグ:
日時 2019年4月7日(日)入場料無料 12時00分集合・計量開始/ 13時開会式 会場 台東リバーサイドスポーツセンター第一武道場(東京都台東区今戸1-1-10) 対象 幼年(園児年少)~中学三年生の健康上支障のないことを保護者及び団体指導者が確認できる少年少女及び高校生以上の一般(16 歳以上の男女) 出場条件 3歳以上の感染症のない健康優良なスポーツ選手。公共医療保険

空手道 禅道会 小沢 隆 代表の武道人生②


カテゴリ: 格闘技の話, 禅道会 小沢隆 タグ:
両親が離婚し、かぎっ子として日々を過ごしていた小沢。少年ながらにして、空管のテレビが消える時のような孤独感、恐怖感を抱いていた毎日。現在の社会情勢で考えれば、非行に走るか、あるいは自分の人生に絶望感を抱いて、最悪の結果を招いても不思議ではない状態だったのである。しかし、少年・小沢はそんな心境を抱えながらも空手という武道に出会った。流行していた劇画や映画に影響されたわけでもない、喧嘩に強くな

空手道 禅道会 小沢 隆 代表の武道人生①


カテゴリ: 格闘技の話, 禅道会 小沢隆 タグ:
初めにお断りしておくが、自分は禅道会を学んでいる者ではない。小沢代表と個人的なお付き合いがあるだけだ。このトピックスは自分が経験したり、関わってきたり、武道や格闘技に関する思いを連載で綴ってきたが、それをするにつれ、禅道会代表の小沢個人(以下、敬称略)にも少なからぬ関心を抱くようになった。 ホームページにも書いてあることなので、重複するが、禅道会は1999年1月、真の護身武道の追

キックボクシング チャンピオンになった男たちの軌跡


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
Nはトップクラスの試合運びを繰り広げてきた 二階級制覇を成し遂げたNの話の続き。 前回、「テクニシャンとは言いたくないけど、テクニシャンだな(笑)」と言った話を書いた。Nの試合ぶりは決して、洗練されているとは言えなかった。かといって、目にも留まらないようなスピードがあったわけでもないし、豪快にぶっ倒すようなハードヒッターでもなかった。にもかかわらず、自分の術中に巧みにはめて勝利する

キックボクシング⑧


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
那須川天心、フロイド・メイウェザー戦について 年末に行われたこの試合、メディアでは騒がれていたが、「どうせ、エキシビションだろう」と思っていた。那須川はキックボクサーとしては天才肌の選手である。でも、それはあくまでキックボクサーとしての話だ。それがボクシングのルールでプロのエキスパートと戦ったらどうなるか?そんなこと、格闘技をやっている者なら、誰もが予想がつくはずだ。だから、この試合

キックボクシング⑦


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
選手育成編 キックボクシングシリーズ、ここで話は変わって、自分がコーチとして元の古巣のジムに戻ってきたからのことを書く。 その当時、ライト級のランカーが二名いて、この二人が看板選手みたいになっていのだが、就職や新たに自分のジムを持ちたいということで、二人とも相次いでジムから去っていった。残ったのはフェザー級の三回戦選手一人だけである。当時は選手育成メインのジムだったから、一般練習生

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから tel:0265249688 お問い合わせ