入会のご案内
トピックス

トピックス

投稿一覧

西川享助の武道人生③


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
2004年に小金井と六本木の道場長に就任 場所探しをしたところ、赤坂に氷川武道場があった。そこを日曜日に借り、六本木同好会を本格的に始めた。その頃は日曜日に場所を開放しているジムや道場がないので、稽古をしたくてもできない人がたくさんいた。そこで、西川の同級生でwebサイトを作れる人がいたので、作って、門下生を募集したところ、入門者がどんどん増え、アッという間に小金井・世田谷道場より人数の

西川享助の武道人生②


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
六本木のバーで飲んで暴れる外国人客の対策要員に ウェイトトレーニングの甲斐があって、体格も充実した西川。空手の面白さも増すにつれ、より本格的に練習したいと思った、しかし、トラックの運転手をしていては、なかなか、稽古の時間が取れない。そんな西川に、きっかけがあった。当時、バンド仲間の先輩が六本木のバーで働いていたのだが、とても羽振りが良かったのである。「夜、働けば、昼間、練習ができる」

西川享助の武道人生①


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
体格差にモノを言わせて、喧嘩三昧の少年時代 禅道会の小金井支部長を務める、西川享助という空手家がいる。年齢が48歳で、出身は東京。少年時代はどんな子だったか?という、こちらの問いに、こんな答えが返ってきた。 「母親が172㎝もあって、大きかったんです。(ちなみに、現在の西川の身長と体重は192㎝、体重93㎏)。小さい頃はおっとりとした少年でした。父親が神道夢想流杖術という武道を

禅道会 大畑慶高の武道人生⑪


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
禅道会・小沢代表との出会いから… 今回の記事で、大畑の武道人生はラストになる。ここでもう一度、彼の武道について書きたい。本人は「自分は武道家とは言えない」と言うが、自分はこれほどまで生粋に強くなることへの気持ちを抱いている人間を見たことがないのだ。男なら、誰もが強くなりたいと思う。格闘技や武道をやる人間なら、誰もが共感できるところだろう。さて、大畑の話。彼が入門したのは、まだ禅道会が

禅道会 大畑慶高の武道人生⑩


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
人は一人では生きていけないから。 臨死体験をした大畑は、「死ぬのは苦しいものではないかも」と思ったそうだ。もともと、国のために命を捧げようとしていた男である。死を恐れるより、価値ある自分を人生の中で見出そうとしていたのだ。だからこそ、野垂れ死にや交通事故などで命を失うようなことはしたくないと言った。「名誉ある戦死なら、いいんですけれど」と語る、その言葉に嘘はないだろう。 「お金

禅道会 大畑慶高の武道人生⑨


カテゴリ: 格闘技の話 タグ:
武勇伝 武道、格闘技の世界にいる者なら、一度は経験するであろう、ストリートマッチ。要は喧嘩だ。大畑も何度かそれをしているが、その前に書いておきたいことがある。 道場やジムで強いからとはいえ、実戦で通用するかどうかというと、別物である。ゴングや「始め!」の合図で始まるのではない。口論から喧嘩になることもあれば、いきなり、襲撃されることもある。相手が一人とは限らない。ナイフやバット

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから tel:0265249688 お問い合わせ